船を操縦したいなら

二つの選択肢がある

小型の船

船舶免許を取得する方法として、大きく分けて二つあります。一つは国家試験を免除して講習を受けることで取得する方法です。この方法だと短期間での取得が可能になりますが、費用が高くなる傾向にありまた国家試験が免除であっても、修了試験がありまったく勉強しなくていいわけではありません。出来るだけ早く欲しいならば利用してみるとよい方法といえます。もう一つの方法は、試験を受けて合格する方法です。船舶免許に関する知識を身につけるための時間を確保しなければいけませんが、一回で合格すれば費用を安く済ませることができます。どちらの方法でも船舶免許を取得することができます。時間の都合など目的に応じて選べば取得しやすくなるといえます。

年齢も関わっています

船舶免許を取得したいとしても、一定の年齢になっていなければいけません。1級が必要な場合だと、講習前日までに17歳9カ月以上になっていなければ受けることはできず、また2級や特殊ならば15歳9カ月以上になっていないと取得することは不可能です。船舶免許の種類も確認して、年齢に問題がないか見ておくとよいです。免許の種類によっては短期間で取得できますので、規定の年齢になったからといって慌てて受ける必要はありません。きちんと知識を身につける時間を確保して、計画を立てて進めていくとよいです。身体検査が必要になりますので、日頃から体調管理をしっかりとしておくことも忘れてはいけません。しっかりと準備をすれば船舶免許を取得することができます。